ハッピーライフカウンセリング協会

よくある質問

  • HOME »
  • よくある質問

よくあるご質問 Q&A

■離婚・夫婦問題カウンセラー・ジュニア夫婦問題カウンセラーについて

離婚・夫婦問題カウンセラーって何ですか?

「離婚か修復か」と言うような離婚に直面している夫婦(または夫か妻)に対して適切な改善策などのアドバイスや専門家との引き合わせ等を行います。
また、離婚問題に限らず、夫婦間に生ずるあらゆる問題やトラブルについての解決策を図ります。

どんな人が学んでいますか?

年齢や職業は様々で幅広い方々が学んでいます。また、特異なのが弁護士や司法書士、行政書士等士業の専門家も学んでいます。

どうやったらなれますか?

まず、一般社団法人ハッピーライフカウンセリング協会の指定する教育指定校(ヒューマンアカデミー通信教育部)で一定のカリキュラムを学び修了することが必要です。その後、上記、協会の在宅試験に合格すると資格取得となります。
詳しくは上記協会までお問い合わせ下さい。

どう、活かせますか?

現在、夫婦関係をより良く継続させるための幸福メソッドにもなり、夫婦問題に関しての解決を手助けするアドバイザーやカウンセラーとして、様々な業種で活躍。また、自己開業にて離婚・夫婦問題のカウンセラーとして活躍も可能です。

他に離婚・夫婦問題カウンセラーはありますか?

離婚カウンセラー、夫婦問題カウンセラーと銘打つ資格は当協会認定資格のみです。
また、理事長岡野あつこが主宰し、離婚・夫婦問題カウンセラーの第一人者で25年の長い歴史を持ち、このような伝統ある資格は他にはありません。
類似資格と比べても、全くレベルと事例数、岡野メソッドにて社会的認知の高い資格であることは間違いありません。

ジュニア夫婦問題カウンセラーを飛び級して、離婚・夫婦問題カウンセラーへ飛び級出来ますか?

出来ます。
しかし、離婚・夫婦問題カウンセラーの受験資格となる当協会指定講座を受講し、修了している方です。

離婚カウンセラー、夫婦カウンセラー資格取得には協会へ会員とならなければいけないのでしょうか?

当協会認定離婚カウンセラー・夫婦カウンセラーとして呼称するには協会も入会が必須です。
理由として、この離婚カウンセラー・夫婦カウンセラーは当協会理事長の経営する株式会社カラットクラブの登録商標であり、呼称のための管理を当協会に委託されております。そのため、当協会への入会を必須としております。
また、協会会員になることによって有資格者の資格レベルの保持や向上のための継続的な実践、実技や知識のフォローアップすることが協会認定離婚カウンセラー、夫婦問題カウンセラーの責務であるからです。

離婚カウンセラー、夫婦カウンセラーの資格取得後、履歴書に記載はできますか?

資格取得後、離婚カウンセラー、夫婦カウンセラーの呼称を使用する場合は、当協会への入会が必須です。

ジュニア夫婦問題カウンセラーと離婚カウンセラー・夫婦問題カウンセラーは併願できますか?

併願可能です。詳細については協会受験要項・願書をご覧ください。

■マリッジカウンセラー

マリッジカウンセラーはどんなことをするのですか?

恋愛や結婚で悩む方の悩みに耳を傾け、「幸せな結婚とは何か」を考えるところからベストなお相手選び、幸せになれる結婚へと導くアドバイスを行います。
また、婚前のカウンセリングから、結婚後の問題修復までマリッジカウンセラーが活躍します。

どう、活かせますか?

「結婚相談所の相談員として就職」「結婚相談所やカウンセラーとして独立開業」など様々な活躍の場があります。

■試験について

認定試験は年何回にありますか?

年間(3月・7月・11月)の3回です。

試験方法は在宅試験とありますがどのように受験するのですか?

出願の際に願書にご記入頂いたご住所へ試験問題が試験前日までに届きます。試験時間になりましたら、試験問題に取り掛かってください。詳細については協会受験要項・願書をご覧ください。なお、試験問題・解答用紙のご返却については、認定試験日の翌日(消印有効)までにご返送下さい。

合格率はどれくらいですか?

ジュニア夫婦問題カウンセラーで80%、離婚・夫婦問題カウンセラーで60%です。

入会金や年会費はいくらですか?

入会金(初年度のみ)は、7,000円、年会費・認定発行手数料は、13,000円になります。

■初年度会費(金額:税込):
入会金 7,000円(※)
年会費・認定証発行手数料 13,000円

※合格通知の発行日の当該月末日より3ヶ月以内に入会手続きをされた場合は、入会金無料
■次年度会費(金額:税込):
年会費・認定証発行手数料  13,000円

会員の更新の際、試験などありますか?

更新の際、試験ではありませんが、更新課題が必須となり課題(レポート)を提出していただく、更新に必要とされる講座・セミナーを受講していただくなど更新条件を満たす必要があります。

身体上の障がい等にかかる受験の特別措置について

出願前に必ず規定に基づいた申請が必要となります。また、特別措置内容についても限定があります。詳細については協会受験要項・願書に明記いたします。

ペンネームでの受験はできますか?

受験できません。
会員ご本人様の改姓・改名に限り受付けております。当協会が必要と判断した場合は、公的証明書類の提出を求める場合があります。名義変更について詳しくは当協会までお問い合わせください。

お気軽にお問い合わせください TEL 03-6274-8063 受付時間 9:00 - 17:00 [ 土・日・祝日除く]

PAGETOP