ハッピーライフカウンセリング協会

代表理事ご挨拶

  • HOME »
  • 代表理事ご挨拶

一般社団法人ハッピーライフカウンセリング協会 代表理事ご挨拶

佐々木 幹理事長

 当協会は、結婚や離婚などの夫婦問題の相談にくるお客様に寄り添い、適切なアドバイスができるカウンセラーの集まりにしたい、ハッピーライフな人生の橋渡しをしたい、という願いのもとに平成23年12月に設立された協会です。
 私は、平成30年1月に当協会の代表理事に就任させていただきました。
そこで改めて「ハッピーライフってどのような状態だろうか?」と考えてみました。

 現実問題としてハッピーライフで真っ先に思いつくのは「お金」です。
人はいろいろな動機で行動しますが、その行動の大きなファクターが「お金」だと思うからです。
 また近年、「格差社会」というキーワードが取りざたされることが増えているような気がしますが、昨年びっくりしたニュースがありました。それは、2017年1月に国際非政府組織(NGO)オックスファムが発表した内容です。

「世界で最も裕福な8人の資産は4.26兆ドルで、そのお金は世界人口のうち下位50%(約36億人)の合計額とほぼ同じだ」

 4.26兆ドルって、1ドル110円で換算したとしてざっくり470兆円。日本のサラリーマンの平均年収が420万円らしいので、「世界の金持ち8人が持っているお金は、日本のサラリーマン全員の1年間の稼ぎよりも多い」とも言えます。

 私は、お金がありさえすればハッピーライフが手に入るか?という話をするつもりはありません。
 私が話したいのは、最近の10年くらいの間に訪れた、アジアの国々(5か国7都市)の人から受けた印象です。
いづれの国も短期間の滞在で深いところは何も見れていませんが、おそらく日本人より金銭的には恵まれていないアジアの国々の人たちは、日本人よりハッピーライフを楽しんでいました。
彼らからはエネルギーも感じました。そして笑顔にさえなればコミュニケーションができました。

 ハッピーライフを実現するためには、お金という「有形資産」も大切ですが、専門スキルに加え健康状態や人付き合いといった「無形資産」をたくさん持つことこそハッピーライフにつながると思います。

 当協会はハッピーライフな状態を『LiLoveS(リラブス)』という造語で再定義したいと思います。
「Live」と「Love」を満ち足りたものにすることで、みんながいつも「Smile」でいられるようにしていく!

 安全で国民皆保険が整っている日本は、どの国よりも早く100歳人生時代が到来してきています。
自分を磨くことに投資をして、素晴らしい人生を送れるように、皆で頑張っていきましょう。

一般社団法人ハッピーライフカウンセリング協会
理事長 佐々木 幹

お気軽にお問い合わせください TEL 03-6274-8063 受付時間 10:00 - 18:00 [ 土・日・祝日除く]

PAGETOP